紙容器について

4Sカンパニーの紙容器は、環境にやさしい素材を採用。
プラスチックごみを出さないよう心がけています。

環境への配慮


エコ容器導入による1番のメリットは、環境保護に大きく貢献できることです。海洋ごみの削減やごみ処理の負担緩和につながる以外にも、様々な面で環境保護に貢献できます。

自然資源枯渇の抑制


プラスチックは有限資源である石油を原料として作られています。そのため、プラスチックを削減することで自然資源の枯渇を抑制することができます。

地球温暖化の防止


日本はプラスチックの有効利用率が84%と高く、そのほとんどは燃焼時のエネルギーを回収して再利用しています。しかし、燃焼時には二酸化炭素が発生するため、プラスチック削減を心がけることで地球温暖化の防止に繋がります。

水質汚染の防止


海中には、河川などを通じて流れてきた工業用途で使われた農薬などの汚染物質が現在も残り続けています。石油製のプラスチックは海中を漂う汚染物質と親和性があり、汚染物質を吸収しやすい特徴があります。そのため海洋プラスチックごみが汚染物質を吸収し、海中をさまよい続けることにより、意図せず人体に悪影響を及ぼす恐れがあります。

企業イメージの向上
にも繋がります

環境問題に取り組むことで、消費者からの信頼を獲得し、企業のイメージアップに繋がります。
エコ容器へ移行することはコストがかかる場合もありますが、その分エコ容器の導入事例を世間に向けて発信することで
この取り組み自体が広報活動になり、集客効果や大きな利益に繋がることもあります。

紙容器の取り扱いはこちら↓

お問い合わせはこちら↓

※別注品のロット・価格も
お気軽にお問い合わせください。